Close
  • メイン
  • /
  • 新着
  • /
  • ジェームズキャメロンはターミネータージェニシスを見ました、ここに彼のレビューがあります

ジェームズキャメロンはターミネータージェニシスを見ました、ここに彼のレビューがあります

来月 ターミネーターGenisys 古典的なフランチャイズの激しい遡及的再発明を準備します。それが新しい要素のショーケースであるのと同じくらい古典的な瞬間への逆戻りと同じくらい、この映画はちょうど大きな支持を得ました。最初の2人の作家/監督 ターミネーター映画、ジェームズ・キャメロンは、新しい映画を見て、それに熱烈なフィードバックを与えました。

とのインタビューで Yahoo 、キャメロン、見たばかり Genisys、シリーズが得ることができる最も重要な支持と考えられるかもしれないものをそれに授けました:その作成者からの賞賛。キャメロンは、アランテイラーが監督したフランチャイズの復活にはまったく関与しておらず、「私はただのファンボーイだ」と告白しています。同様に、彼の映画のレビューは肯定的以上のものでした。キャメロンによると:
私は自分が認識しているものを見始めます。それは最初の2本の映画を非常に尊重しています。それから突然、それはただ曲がります。そして今、私は旅に出ます。ルネッサンスのように、フランチャイズが活性化したような気がします。

キャメロンからの賞賛は、彼が1991年のアクションクラシックに続いてフランチャイズからどれだけ離れているかを考えると、特に幸運です。 ターミネーター2:ジャッジメントデイ。キャメロンは昨年と同じくらい最近、2003年の次のエントリーを公然と批判しました。 ターミネーター3:マシンの台頭および2009年 ターミネーター4世、 それを言って 彼らは彼らの可能性に応えていませんでした。彼はそれらの映画の批判で、特に 救い。スター、クリスチャンベールは、映画がうまくいかなかったことを認め、最近、アーノルドシュワルツェネッガー 率直に言った 、「それは吸いました。」しかし、どうやら Genisys少なくとも彼自身の言葉によれば、ポストキャメロン時代の例外であることがわかるかもしれません。キャメロンは続けます:
映画がクラシックになった理由を見ると、彼らはあなたが好きなキャラクターを持っていました。私の考えでは、3番目の映画だと思う新しい映画は、アーノルドがキャラクターをさらに引き継いでいるのを見ることができます。

もちろん、のイベント Genisysシリーズを取る’伝統的なタイムトラベルは、フランチャイズをその核心に変えます。タイムラインを再発明すると、サラ・コナー(エミリア・クラーク)が1984年に再び彼女に会いますが、最初に会ったマウスの乙女ではないように描かれています。これは、アーノルド・シュワルツェネッガーのT-800の老朽化したバージョンが、子供の頃の彼女の人生の後期/初期の試みから彼女を保護するために送り返され、それ以来ずっと彼女を見守っていたときにタイムラインが変更されたという事実によるものです。今、伝統的な役割は次のように逆転します カイルリース まだ現れている(ジェイ・コートニー)は、1984年の映画のターミネーターからサラを救うために1984年に送り返されましたが、イ・ビョンホンの新しいT-のように危険な新しい脅威が到着したため、何が起こっているのかよくわかりません。 1000。

Genisysラジカルも含まれています プロットツイスト' それが映画にあまり含まれていなかったら、それはネタバレと見なされていたかもしれません。 最近のマーケティング 。ジョン・コナー(ジェイソン・クラーク)も1984年に旅行し、サラとカイル(彼の両親)と再会するようです。しかし、私たちが最終的に学ぶように、彼は自分自身ではなく、悪意を持って奇妙なターミネーター/人間のハイブリッドに変身しました。キャメロンは、ひどく台無しにされたストーリー展開に対処し、次のように述べたときに承認を表明します。
ジョン・コナーを連れて悪者にひっくり返すというアイデア。あなたは期待に反して亀裂を得たので、それはかなりクールです。それはすべてひねりについてです。

もともとは、現金を手に入れて再起動するだけで、 ターミネーターブランディングともう少し、それは今明らかになり始めています Genisys否定論者が思っていたよりも痛烈かもしれません。この映画は確かに過去数ヶ月で認識を変えるのに長い道のりを歩んできました、そしてキャメロンからのこの素晴らしいフィードバックはシリーズが過去の栄光に回復するのを見ようとしているファンの欲求を刺激するに違いありません。誇大広告が本当かどうかを確認します ターミネーターGenisys7月1日に、時間のかかる狂気を劇場に持ち込みます。