Close
  • メイン
  • /
  • 新着
  • /
  • バットマン対ワンダーウーマンを紹介することで、DCの動きが速すぎますか?スーパーマン?

バットマン対ワンダーウーマンを紹介することで、DCの動きが速すぎますか?スーパーマン?

で サンディエゴコミックコン 去年の夏、ザック・スナイダーとワーナー・ブラザースは、俳優のハリー・レニックスの助けを借りて、長年の漫画ファンが一生待っているというニュースを発表しました。今後のことが明らかになった マン・オブ・スティール続編にはバットマンとスーパーマンがいます 実写長編映画 初めて一緒に。世界中のオタクは、古典的なスーパーヒーローのキャラクターがどのように対決するか、相互の脅威とチームを組むかを考え、想像しながら、可能性について話題になり始めました。 「世界最高の」漫画が棚から出てきて、フランクミラーの「ダークナイトリターンズ」の終わりに素晴らしい対決があったことを私たちは皆思い出しました。

しかし今、私たちは2015年の大ヒット作が勝てないことを知っています ただCapedCrusaderとManofTomorrowについてです。

今日の初め スナイダーとワーナーブラザースの両方によって公式に確認されました ワイルドスピード女優のガル・ガドットがキャストに加わりました マン・オブ・スティール続編で、ワンダーウーマンとして観客に最もよく知られているセミッシラのダイアナ妃を演じます。彼女は映画の女性リーダーの1人になることが示唆されており、エイミーアダムスはすでにロイスレーンとして戻ってきています。それが本当なら、彼女は映画の筋書きに大きな影響を与える可能性があります。しかし、それが事実であることが判明した場合、口語的に名前が付けられるのは何ですか? バットマン対スーパーマンとは異なる ジャスティスリーグ映画?

それが主役であるかほんの少しの部分であるかにかかわらず、DCシネマティックユニバースへのワンダーウーマンの導入には、かなりの詳細と説明が必要になります。メトロポリス以外の世界の場所としてゴッサムシティを設定することに加えて(バットマンの脇役は言うまでもなく)、映画は提供するためにセミッシラの歴史とアマゾンの文化にも飛び込む必要があります背景とワンダーウーマンが彼女がすることをすることができる理由を説明してください。このすべての情報を追加するには、キャラクターが影に隠れたり、十分に活用されていないように見えないように、ムービーのスケールを大幅に拡大する必要があります。それが新しいバットマンの発売にどのように大きな影響を与えないかを理解するのは難しいです、そして映画がちょうど新しいヒーローを紹介することであるならば、それは将来の専門性を部分的に損なうことになるかもしれません ジャスティスリーグ事業。

開発中の作品をさらに興味深いものにしているのは、ワンダーウーマンが映画の名簿に追加された最後のスーパーヒーローになるようには見えないということです。 Gadotのキャスティングを報告する記事の終わりに向けて、 バラエティ フラッシュは、「それが重要な役割であろうとカメオであろうと、何らかの形で登場するための鍵である」と述べています。それが大きな役割である場合、バットマンとスーパーマンからより多くの注目を集めるだけですが、おそらくもっと重要なことですが、それが単なるカメオである場合、私は自分で映画を見るまでそれについて聞きたくありません。

明らかに、同じ映画に複数のスーパーヒーローがいることには何の問題もありません。問題は、何かを構築することです。マーベルスタジオは、制作に向けて5つのソロ映画をリリースしました アベンジャーズ、すべての主要なキャラクターが適切な紹介を受けていることを確認して、すべてが集まったときに実際に何かを意味するようにします。これらの新しい開発と マン・オブ・スティール続編は、映画製作者とスタジオが一度に1人のヒーローのルートに慣れておらず、に非常に似たものを望んでいることを示唆しています。 ジャスティスリーグ後でではなく早く撮影します。これで実行されるリスクは、1つの機能に積みすぎているだけです。 アイアンマン2そして スパイダーマン3私たちに示したように、結果は望ましいとは言えない可能性があります。

これらすべての開発から念頭に置いているエンドゲームを見るのは、それほど難しいことではありません。 DCコミックスとワーナーブラザースは、マーベルスタジオで構築されたものと競争できる映画の世界を作りたいと考えており、それが最終的には ジャスティスリーグ映画。しかし、最初の続編で3人もの新しいスーパーヒーローを紹介する可能性があるため、動きが速すぎますか? マン・オブ・スティール?以下のコメントセクションであなたの考えを教えてください。